2017/08/27

言語技術教育 実践校リスト(初等・中等教育のみ)

言語技術とは、『思考を論理的に組み立て,相手が理解できるように分かりやすく表現する』[1]ための技術である。
この言語技術は、多くの国々では、義務教育の中で、母国語教育のカリキュラムとして、指導されている[2]
しかし、日本では、文部科学省にて検討されつつあるが[3]、義務教育には導入されておらず、一部の学校のみで独自に指導されている状況である。

現在(2017.08.27時点)、日本国内で言語技術教育を実践している学校として、 麗沢中等・高等学校聖ウルスラ学院などがある。
今回、これらの学校以外に、実践校がどのくらい存在するのか、ふと疑問に感じた。
そこで、言語技術教育を実践している学校を調べ、リストアップする事にした。

本記事では、日本国内の初等・中等教育において、言語技術教育を実践している学校の名称と、それぞれの教育の概要を記載する。


選定基準

以下、本記事に記載するにあたり、選定した基準を記す。

  • 本記事で言う言語技術教育は、以下の内容のいずれかを実施しているものとする(つくば言語技術教室より引用)。

    • 問答・議論の技術

    • 再話の技術

    • 要約の技術

    • 説明・描写・報告の技術

    • 論証の技術

    • 絵とテクストの分析と解釈・批判の技術(クリティカル・リーディング)

    • 小論文の組み立て技術

    • 論理的思考力の育成

    • 批判的思考力(クリティカル・シンキング)の育成

  • 以下のどちらかを満たしていること。

    • 公式サイトやWebニュース等に、上記の内容に準じた言語技術教育を実践している記載があること。

    • 内容は不明であるが、公式サイトやWebニュース等に言語技術教育を実践している記載があり、かつ、つくば言語技術研究所と関わりがある(講習や講演を受けている)こと。

  • リストアップする学校は、初等・中等教育(小・中・高)のみ。

  • 高等教育(大学など)は、除外する。 → 高等教育の場合、カリキュラムとして実施はしていなくても、卒業研究等で言語技術に近い内容が指導されるので(特に理系)。 → (高等教育も含めると、数が多すぎて調べきれないという事情もある…​)


言語技術教育を実践している学校

北海道

(見つからなかった)

東北

宮城県

[私立] 聖ウルスラ学院英智小学校・中学校

つくば言語技術教育研究所のWebサイトにて、同研究所の指導を受けていることが、明言されている学校。

言語技術教育の扱いは、独立した科目として、全学年で毎週1回実施されている。
教育の内容は、以下のページに詳細にまとめられている。

関東

東京都

[私立] 桐朋女子中学校・高等学校

つくば言語技術教育研究所のWebサイトにて、同研究所の指導を受けていることが、明言されている学校。

言語技術は、英語の科目にて、週1回で実施されている。
また、現時点では、中学三年生および高校一年生でのみ、言語技術が実施されている模様。
これは、同校の言語技術教育は、昨年度2016年から開始したばかりであるためと思われる。

教育の内容は、中学三年では「問答ゲーム」・「説明〔描写〕」、高校一年では「説明〔描写〕」・「絵の分析」を実施している。


[私立] 東京女学館中学校・高等学校

つくば言語技術教育研究所のWebサイトにて、同研究所の指導を受けていることが、明言されている学校。

言語技術は、英語の科目にて、中高6年間に渡り、実施されている。開講頻度は不明。
教育の内容は、詳細は不明だが、欧米の言語技術(Language Arts)をベースとし、独自のカリキュラムを実施しているとのこと。


[私立] 創価高等学校
公式Webサイト

創価学園 創価高等学校

言語技術は、希望者のみを対象とした集中講義としておこなわれている。
(ただ、「来年度よりSGHアソシエイトの取り組みとして全校でスタートする」という記述があるため、今後は扱いが変わると思われる。)

教育の内容は、問答ゲームをおこなっている。
また、この学校独自の言語技術教育として、「往還作業」というトレーニングも実施している。
このトレーニングの目的は、「第二言語を使うことで余計な情報や言い回しをはぶき、より端的に本質的な議論を行えるようにする」とのこと。
(トレーニングの詳細な内容は不明。)


[私立] 芝浦工大附属中学高等学校

つくば言語技術教育研究所のWebサイトには記載されていないが、同研究所の指導の元、言語技術教育を実施している学校。

言語技術は、中学1・2年時に、独立した科目として実施されている。
開講頻度や、中学3年以降に実施されているかどうかは、不明。
教育の内容は、問答ゲーム、論証、再話、絵の分析など。


[私立] 玉川学園 幼/小/中/高等部
公式Webサイト

玉川学園

つくば言語技術教育研究所のWebサイトには記載されていないが、同研究所の指導の元、言語技術教育を実施している学校。

言語技術は、幼稚部から高等部まで、12年間を通じて実施されている。
独立した科目なのか、それとも国語や英語にて実施しているのかは、不明。
教育の内容は、以下のページに詳細にまとめられている。


[公立] 日の出町立 平井小学校

つくば言語技術教育研究所のWebサイトには記載されていないが、同研究所の指導の元、言語技術教育を実施している学校。

言語技術の開講科目や開講頻度、開講年次、教育内容などは、不明。

埼玉県

[私立] 大妻嵐山中学校・高等学校

2018年9月現在、新たにつくば言語技術教育研究所の指導を受け始めた学校。
同研究所のトップページ http://www.laitjp.com/(2018年 9月 24日 月曜日 18:29:56 JST 参照)に、提携している旨が記載されている。

ただし、学校のWebサイト上には、言語技術教育に関する情報は、掲載されていない。
言語技術の内容、実施年度・科目等も、不明である。

しかし、「ニュース」カテゴリの以下のページにて、言語技術に言及している内容が見つかった。

前述の記事によれば、同校の教員が言語技術の研修を受講した、学校説明会にて言語技術教育について言及したことが分かった。
これらの内容より、同校が言語技術教育を実施していることは、ほぼ間違いないと思われる。

千葉県

[私立] 麗沢中学・高等学校

過去に、つくば言語技術教育研究所の指導を受けていた学校。
現在は、同研究所の教育メソッドを用いて、独立して言語技術教育を実施している。

言語技術は、中学1年から高校1年まで、4年間を通じて実施されている。
独立した「言語技術科」の扱いで、週1時間おこなわれている。
教育の内容は、以下のページに詳細にまとめられている。


[私立] 市川中学校・高等学校

アクティブラーニングの一環として、言語技術教育を実践している学校。
また、つくば言語技術教育研究所から、研修や教育を受けていた記録もある。

言語技術の開講科目、開講頻度、開講年次、教育内容などは、不明。
ただし、下記ページには、「国語科授業での実践検証」との記載はある。

また、学生への教育だけではなく、教員側の言語技術研修も、おこなっている模様。


[私立] 和洋国府台女子中学校・高等学校

過去につくば言語技術教育研究所へ研修・講演を依頼しており、内容は不明だが、言語技術教育を実施している学校。

言語技術教育は、平成29年度から新たに取り組み始めたとのこと。
取り組み始めたとの記載があるだけで、開講科目、開講頻度、開講年次、教育内容などは、不明である。

神奈川県

[私立] 慶應義塾横浜初等部
公式Webサイト

慶應義塾横浜初等部

つくば言語技術教育研究所のWebサイトにて、同研究所の指導を受けていることが、明言されている学校。

言語技術の開講科目や開講頻度、開講年次、教育内容などは、不明。
ただし、以下のページによると、恐らく国語の一環として実施されている模様。


[私立] 森村学園 中等部

つくば言語技術教育研究所のWebサイトにて、同研究所の指導を受けていることが、明言されている学校。

言語技術は、中等部の3年間にて、毎週1回実施されている。
科目の扱いは不明。ただし、下記のWebページ1には『正規の授業として週1回行われている言語技術』との記述があるため、恐らく独立した科目だと思われる。
教育の内容は、下記2つのページに、詳細に記載されている。

中部

(見つからなかった)

近畿

奈良県

[私立] 奈良育英中学校・高等学校

この学校では、中学・高校のどちらも、コース毎に異なった教育が実施されている。
コースは、中学では2種類、高校では4種類である。

公式サイトのニュース記事に拠れば、以下のコースで言語技術教育を実施している。

  • 中学: 中学選抜コース

  • 高校: 国際理解Gコース

  • 高校: 高大連携Sコース

また、2017年度入学生より、総合進学コース教育課程でも、言語技術教育がおこなわれる模様。

上記以外のコースで、言語技術を実施しているのかは不明。
ただし、以下のニュース記事に「全校生徒に広げるべく」という記述があるため、今後は全コースでも実施されると思われる。

各コースの言語技術教育の内容は、それぞれ以下のニュース記事を参照のこと。

言語技術の扱いは、中学選抜・国際理解Gコースでは、独立した科目として、毎週1コマ言語技術の授業を開講している。
高大連携Sコースでの扱いは不明。
ただ、1, 2, 3年を通じて実施しており、卒業論文の中間発表にも関わっているため、推測だが毎週1コマの頻度だと思われる。

中国

岡山

[公立] 岡山県立 倉敷天城中学校

つくば言語技術教育研究所から、研修や教育を受けてた事がある学校。

言語技術は、1年生から3年生の3年間を通じて、毎週1回実施されている。
教育内容は、下記資料に詳細に記載されている。
(つくば言語技術教育研究所が作成した教材を使用しているとの事。)

広島

広島県のWebサイトによれば、広島県では、県を上げて言語技術教育を実践している。
実践している学校は、県内全ての学校ではなく、一部のパイロット校のみである。
また、パイロット校は、大きく分けて2種類、タイプ1とタイプ2がある。
違いは、言語技術の実施科目である。
タイプ1では、独自の科目として、言語技術を実践している。
タイプ2では、国語や道徳、総合科目など、各教科の中で実践している。

以下、対象校を、タイプ毎に列挙する。
各学校の教育内容は、数が多すぎて調べきれないので、割愛する。
ただし、下記Webページによれば、問答ゲーム、再話、描写・説明、絵の分析などがおこなわれている模様。

タイプ1
  • [公立] 廿日市市立宮園小学校

  • [公立] 熊野町立熊野第一小学校

  • [公立] 安芸高田市立来原小学校

  • [公立] 三原市立幸崎小学校

  • [公立] 福山市立深津小学校

  • [公立] 府中市立広谷小学校

  • [公立] 庄原市立東城小学校

  • [公立] 大竹市立玖波中学校

  • [公立] 東広島市立黒瀬中学校

  • [公立] 北広島町立大朝中学校

  • [公立] 竹原市立忠海中学校

  • [公立] 福山市立神辺東中学校

  • [公立] 庄原市立東城中学校

  • [公立] 広島中学校


タイプ2
  • [公立] 呉市立渡子小学校

  • [公立] 東広島市立高美が丘小学校

  • [公立] 江田島市立中町小学校

  • [公立] 尾道市立上川辺小学校

  • [公立] 尾道市立因北小学校

  • [公立] 神石高原町立油木小学校

  • [公立] 広島市立鈴が峰小学校

  • [公立] 廿日市市立大野中学校

  • [公立] 呉市立両城中学校

  • [公立] 安芸太田町立筒賀中学校

  • [公立] 世羅町立世羅中学校

  • [公立] 府中市立第二中学校

  • [公立] 三次市立三次中学校

  • [公立] 広島市立城山北中学校

  • [公立] 忠海高等学校

  • [公立] 廿日市西高等学校

  • [公立] 広島工業高等学校

四国

(見つからなかった)

九州

長崎

[私立] 長崎県 長崎日本大学中学・高等学校
公式Webサイト

HOME - 長崎日本大学学園

知人からの情報。長崎日本大学中学・高等学校は、つくば言語技術教育研究所にて研修を受けた実績がある。
言語技術は、放課後の補修科目として、週2回実施している。
全学年を通じて実施しているのかどうかは不明だが、少なくとも中学1年で言語技術教育をしている記述がある。
教育の内容は、現時点では問答ゲームのみ。

(上記ページには、教員が三森氏に指導を受けている記述もある。)

言語技術教育を実践していると思われる学校

こちらは数が少ないので、地域毎の分類はせず、単純に列挙する。

  1. [公立] 広島県 福山市立水呑小学校

  2. [公立] 広島県 尾道市立御調中央小学校

  3. [公立] 高知県 香美市立山田小学校


あくまで推測だが、1-3の学校、水呑小学校・御調中央小学校・山田小学校の3校では、言語技術教育を実践していると思われる。
その理由は、上記の学校に所属している教師が、以下の言語技術に関する研究会にて、講師を担当しているから。

上記研究会の内容は、問答ゲーム、5W1H視点での話の解釈、要約・報告、絵の分析、説明の順序、などであるそう。
これらの内容は、(三森)言語技術で実施される内容と同様であるため、上記研究会で扱っているのは、言語技術と見て間違いない。
そのため、この研究会の講師が所属している学校では、言語技術教育が実践されているのではないかと考えた。
ただし、学校単位で・カリキュラムとしてではなく、あくまで教師が担当する授業内の一環として、という可能性も高いかもしれない。

ちなみに、各学校の公式Webサイトを参照したが、言語技術に関する情報は、記載されていなかった。

参考Webサイト

雑記

  • 他にも言語技術を実践している学校が判明すれば、その都度追記していく。

  • 「言語技術教育の実践校」といっても、今回作成したリストは、実質的には「三森言語技術」になってしまった。
    → とはいえ、現時点の日本で唯一体系だった手法が確立されているのは、三森言語技術なので…​ それほど問題は無いかも。
    → というか、三森式以外で、体系化された言語技術教育法って、日本にあるんだろうか?

  • 広島県が、県を挙げて言語技術を実践しているのは、ちょっとびっくり!
    → 各学校にある程度教育の裁量がある私立なら分かるけれど、公立で積極的に導入しているというのが、個人的にとても驚き。

  • 倉敷天城中学校が、公立であるにも関わらず、独自で言語技術を実施している点が、ちょっと気になる…​
    → 広島県の場合、県を挙げて取り組んでいるので、公立にも関わらず実践しているのは分かる。
    → でも、天城の場合、岡山県が言語技術に取り組んでいる訳ではないので…​
    → 公立学校なのに、学校単独で独自の教育を実践できるような、何か裁量でもあるんだろうか?


1. http://www.laitjp.com/index.html - つくば言語技術教育研究所トップページ
2. 『大学生・社会人のための言語技術トレーニング』 pp3-6、三森ゆりか、大修館書店
3. http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/036/shiryo/07081717.htm - 言語力育成協力者会議(第8回) 配付資料:文部科学省
Tags: 言語技術
このエントリーをはてなブックマークに追加